fc2ブログ





邦、洋問わずに聞いた音楽(主にロック)の感想や日記を書いていきたいと思います。自分に音楽的教養があるわけではないので、あくまで素人の感想です。あしからず



プロフィール

yasonsukii

Author:yasonsukii
九州の片隅で大学生やってます。
音楽は好きですがリスナーである方が多いです。
あと、自称登山家です



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Jake Bugg 「Jake Bugg」 2012年
jake bugg
ってことで、前回なんだかんだ文句言いつつ、ちゃっかり聞いてるJake Bugg。
いやね、別に悪いとは言ってないですよ(笑)
好きですよ。ディランっぽくって。
ただ、救世主だとか彼が時代を作るかと言われれば、どうかなと思うだけであって。

まあ、ノエルも言ったようにディランとアークティックが出会ったようなって感じですよ。
彼は生まれてもない時代の音楽を若い彼なりの解釈でリバイバルするような曲作りをしてるわけでしょ?
2000年代のガレージロックのリバイバルは若い世代が聞いたことないような時代の音楽でそこからあまり発展してなかったから時代ができていったわけですけど、Jakeがやろうとしてるのはフォークとかカントリー調のもうずっと聞かれ続けてる音楽なわけじゃないですか。
今更フォークロックでなかなか新時代を作るのは難しいんじゃないかと思うんですけど、この勝手な考えが覆されることを期待しとこう。

まあ、内容自体は19歳とは思えぬ貫禄すら感じる濃いもので、もうそのメロディの心地よさったらないですよ。
なんか不思議な浮遊感もある。コールドプレイ的な(笑)
とりあえずヘビーローテーション、ヘビーローテーション。
スポンサーサイト



テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽


年初めのあいさつ的なもの
あけましておめでとうございます。

今年も続くかわかりませんが、更新していきます。
去年を総括してみようかと思ったんですけど、去年聞いたの全然記事にしてないし、各紙のランキングにランクインしているものでこれから聞きたいのもあったりするので、ちょっとまたの機会にまとめてみようかと。
とりあえず、Bob Dylan聞かな。

てなわけで今年の話。
注目の新人はUKのJake Bugg、Palma Violetsってことでいいのかな?
ロック界の救世主といわれるJake Buggはターナー君がやってることと大差ないのではと思ってしまうのは私だけ?
ターナー君がすでにいるので目新しくもなく、そんなにか?と思うのはまだまだ耳が悪いのかな・・・?
なんか低迷するロック界がヒーローを求めすぎて祭り上げられすぎてる気が・・・
恋に恋してる乙女かって(笑)

ここ数年、雑誌やらでロックバンドにドラマがなくてつまらんとか、昔みたいにロックスターが出てこないからアイドルやらポップスに押され気味とか聞きますし、僕もリアルタイムで伝説を作っていく自分世代のロックスターを見てみたいけど、時代的に昔みたいなドラッグにおぼれるみたいなダメ人間的ロックンロール・ヒーローは現れにくいじゃないですか。
だから、今でもリアムみたいな20年前のロックヒーローを追ってしまう。
リバティーンズが最後。
10年に1組いればもはやすごいでしょ。

ん?なら、2010年代の馬鹿なロックヒーローがぼちぼち出てもいいか・・・

まあ、そんな淡い期待を抱きながらも2000年代の大物バンドたちが新作を出すそうなのでそれを楽しみに。

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽


Muse 「The 2nd Low」 2012年
2nd low
来年のさいたま参加します。
ようやく初Muse!
いまから楽しみすぎて鼻血でそう(笑)

今年のアルバム。
これまでで一番カラフルな印象を受けました。
どれも寒色でありながら、どこかあったかい色も混ざっていて、まさしくジャケットの色合い。
さすがMuseといった傑作ですね。
どこかの雑誌かなんかの記事にもありましたが、後半クリスの曲はちょっと微妙・・・
いや、かっこいいんですけど、マシューの先の読めない曲展開、その派手さから見ると単調であまり面白くない曲なのかなと思いました。

いずれにせよ僕が今一番輝いてると思うバンドです。
まったく、マシューの頭の中はどうなってんだろうと真剣に思う。
彼の曲はどう考えても自分には生み出せないと感じさせるほどに別次元で、それこそキャッチコピーじゃないけど、宇宙ではこんな音楽がなっているのかもしれないと思わせるほどの威力を秘めています。
すごいわ・・・

はよ年越さんかな・・・

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽


The Vaccines 「Come Of Age」 2012年
come of age
すっかり虜になってしまったヴァクシーンズの2作目。
今回はやけにおとなしいなと、少し物足りなさを覚えながら聞いていたんですけど、段々これすごくいいアルバムじゃないかと思えてきました。

前作はすぐに勢いにのまれ、引き込まれてしまう印象でした。
今回は対照的にメランコリックというか大人のロックって感じ。
前作にもそれっぽいものはありましたが、今作のほうがかなりダークなリフを使ったものが多いです。
キングス・オブ・レオンのプロデューサーと聞いて素直に納得できるサウンドが心地いい古き良きロック・ミュージック。

彼らを前座にも選んだアークティック・モンキーズの1stから2ndへの変化に似てるかな。

決して勢いだけではない彼らのロックがより深く味わえる良いアルバムです。
ますます惚れ込んでしまった・・・

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽


Green Day 「Uno」「Dos」「Tre」 2012年
uno.jpgdos.jpgtre.jpg
今年話題になった?グリーンデイの3部作。
やっつけ仕事感が否めませんでした。とりあえずポップな曲いっぱい作ってみたみたいな。
まあ、ただ前2作のイメージが強くなりすぎて忘れかけてましたけど、もとはこんな感じのバンドだったな~と思えなくもないです(笑)

原点回帰でポップパンクまっしぐらな雰囲気はあるんですけど、とげがなくなって丸くなった彼らのパンクはもはや右から左へ聞き流す歌に・・・
もちろん聞き流せない歌もあるんですよ。あるんですけどね~。

言ってしまえば、ここから選んで1枚のアルバムを作ってほしかった。
いっぱい聞ければ良いってもんじゃないですね、やっぱ。
早く新作出せだの、こんなの聞きたくなかっただの、リスナーは勝手だぜまったく(笑)

今回の物語はなんかパーティーの始まる前、レッツパーティ!、パーティーの後みたいな構成だとか聞いた気がしますが、たとえ楽しいパーティーでもオールナイトは疲れるということがよくわかった・・・

てなわけで、今回のアルバム、自分的に1枚にまとめてみました。

1. Oh Love
2. Stray Heart
3. Angel Blue
4. Baby Eyes
5. Drama Queen
6. Kill the DJ
7. Dirty Rotten Bastards
8. Amy
9. Sweet 16
10.Rusty James
11.The Forgotten

これなら結構聞けるいいアルバムじゃないかな?
3か月連続リリースとかきっとレコード会社にしかいいことないよ、まったく。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽


Fun. 「Some Nights」 2012年
some nights
このブログ続いてました(笑)
更新してなさ過ぎて、もはや、どうやって検索したらたどりつけるんだろう?このブログ
毎日2,3人の方が見てくださっているらしい・・・
感謝感謝。

というわけで、今年聞き貯めてたのを見てくださっている2,3人の方と自分のために書いていきます。

復活1枚目は新人王候補(いや、新人王確実)のFun.の2ndアルバム。
うん、いいですね。
曲の展開がきれいで、ポップなのにドラマチック。
すごいひきつけられる曲ばっかりですよ。
アメリカらしくもUK的雰囲気も持ったいいアルバムだと思います。
グラミー賞はどうかな?1つくらいは受賞できるんじゃないかな?

また2月に来る・・・ライブ行きたい・・・

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽